魚沼市自然環境保全条例を制定

7月10日に新潟県魚沼市に灯火採集に出かけましたが、

午後8時過ぎ、灯火を点灯しさてこれからという時に、近所のオヤジさんが現れて、
ここの灯火採集は許可を取ってやっているのか?と言われましたので、いいえ取っていませんよ。
と答えたら、今年の7月1日から「魚沼市自然環境保全条例」というものが制定され、施行されたとのことで、
すぐに片付けてくれと言われました。

で、その日は泣く泣く採集を諦めましたが、調べた結果

魚沼市自然環境保全条例を制定」というタイトルにてニュースが発信されていました。
http://blog.goo.ne.jp/uonumawebnews

これによると「30㍗以上の照明器具等を用いた昆虫の灯火採集なども市長の許可が必要とされるようにしている。」
という事で、許可が必要とあるのですが、現実には許可がでないかも?という見解でした。

魚沼市に問い合わせたところ、現在はまだ、市の例規集には載せてないとことで、間もなくアップされると言っていました。

ただ、ここでいう「自然緑地保全地区、自然景観保全地区、動植物等保全地区」などの指定は今はまだ指定させていなく、

今後、指定される見込みであるとのことで、また、罰則等も「罰則などは条例の周知期間6か月を経た来年1月1日から施行される。」

とのことで、平成29年1月1日以降対象になるということですので、今年はまだ、罰金等は徴収されないですが、
来年度からは、罰金の対象になる模様です。

そう言えば、知らせに来た近所のオヤジが「罰金5万円だよ。」と言っていましたが、今シーズンは怒られながら、
なんとか灯火を張れたとしても、来シーズンからは、後ろめたくこっそり、ひっそりと、誰も怒りに来ないような場所で、
やらなければならないかも???
いずれにしても、やりづらくなりましたね(T▽T)

隣町の福島県只見町にも同じような条例があって、やっぱりダメみたいですね(>_<)

そんなに迷惑や環境問題になるようなことはないと思っていますが、迷惑がかかる人がいるんでしょうね???

という事で、灯火採集のとんだ顛末記になりました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

昆虫を大量に採集することで生態系が崩れてしまいます。
また、夜灯火することでかなり明るくなるので、通行車の迷惑になります。(夏休みの期間は通行車の数も多いです。)
貴重な昆虫がいなくなることで、学校の授業の一環として訪れていた人たちが、実物を見ることができず授業で取り扱うことができなくなります。
採集した昆虫を販売し、購入した人のもとで増えることはありません。死んでいく運命なんです。それならば、自然界で毎年同じくらい数がいるほうがよっぽど良いじゃありませんか。自然は良いなんて言いながらも、結局人間が自然を破壊するんですよ。

Re: No title

コメント並びに貴重なご意見ありがとうございます。

確かに仰ることは良くわかるのですが、少しばかり反論させてもらいます。

「昆虫を大量に採集すること」ですが、灯火採集において確かに昆虫は良く集まってきますが、
目的とするクワガタは当方始め、灯火採集を行っている大多数の採集者はオオクワガタ1種類に限定していると思われます。
事実当方もオオクワガタを採集に出かけております。

山の中で採れるクワガタの種類は、オオ、ミヤマ、アカアシ、ノコ、コクワ、ヒメオオ、こんな程度だと思いますが、
この内オオクワガタが採れるのは良くて1頭~複数頭で、現に私の打率ですと、
新潟の場合は4割くらいの打率となっております。

その他の6割は目的のオオクワガタは採集できません。
で、本題のその他のクワガタは現地にてリリースしてきます。

これは、持って帰っても、どうにもならないからです。

 ではなぜそんな効率の悪い昆虫採集に高速代、ガソリン代をかけてまで行くかというと、
その難易度が高いオオクワガタを採集したいがためです。クワガタ採集が好きだからです。

かといって、バブルのような時代ではない現在、ワイルトオオクワガタの値段はオークションに出しても、
せいぜい数千円の値段です。

 ということで、金銭目的でもありませんので、ごく普通の昆虫採集の延長として、
採集を楽しんでいることと、採れたオオクワはブリードしております。

ワイルドオオクワの産卵数は極めて少なく、産まないオオクワもいますので、
必然的に数頭飼育することになります。

 オオクワ採集に出かける時期がちょうど信濃川の支流の魚野川のアユ釣りの最盛期と重なり関越道からよく見えますが、
この時期の釣り人の数は半端ではないですよ。それこそ10m置きに釣り人がびっしりと連なっております。

「生態系が崩れてしまいます。」ってことですが、それほどオーバーなことではないと思いますが、釣り人の数から比べると、灯火採集をしている人数はかなり少数ではないでしょうか?

「夜灯火することでかなり明るくなるので、通行車の迷惑になります。(夏休みの期間は通行車の数も多いです。)」

確かに夏休み期間中は少しは車が多くなるのかな?
でも、夜間の交通量的にはそれほど感じませんが?

 私も車の免許は持っており、山に行くのに車を使っていますので、
当然の事ながら、常識的に交通妨害、運転妨害になるような灯火はしないように心掛けています。

 夏の採集時期の週末になりますと、我々が灯火採集をしている横を、地元の走り屋のお兄ちゃんたちが元気よく何台も連なって、福島との県境のカーブ道路をガンガン攻めていますが、その邪魔でもしようものなら、怖いことになりますので、その辺には十分気を使っています。

「貴重な昆虫がいなくなることで、学校の授業の一環として訪れていた人たちが、
実物を見ることができず授業で取り扱うことができなくなります。」

 はて?貴重な昆虫とは何を指しているのでしょうか?まさか、オオクワガタですか?
 確かに数は少ないかもしれませんが、貴重な?絶滅危惧種でもないですし、レッドリストにも載っていませんよね?
それに生息分布も日本全国ですしね?

 子供が、昼間に山の中に入り、オオクワガタをゲットする???こんな話は聞いたこともないですよ?

 それから、今の時代、小学生の低学年くらいまでがクワガタに興味を示しますが、その上になりますと、
ムシキング全盛期でもない限り、クワガタなどの昆虫には興味を示さなくなってきているのが、現状ではないでしょうか?

 今の子供は小さいうちからテレビゲームなどに慣れて、昆虫採集で遊ぶような子供はかなり少なくなってきていますよ。

 その証拠に、近所の雑木林の樹液が出ている木を夜に見回って見て下さい。

 クワガタ、カブトが必ず付いていますよ。私の子供の頃には考えられなかった光景が見られます。

 これは、少子化と子供たちの興味が昆虫から薄れて他の遊びに夢中になっていて、誰も採集しないからだと思います。

 こんな状況にあるので、もしも、近所で昆虫が見られなくなったのであれば、それは、宅地開発などにより、
昆虫の宝庫、雑木林や山林が減少しているからではないのでしょうか?

灯火採集による弊害なんてとってもとっても及びも付きませんね。

 以上のことから、灯火採集による昆虫採集が悪い事だとは思いませんので、
これからもできる限り続けていくつもりです。

これを読みまして、反論がおありでしたら、また、投稿してください。



No title

ご丁寧にお返事有り難うございました。
先日コメントさせていただいた者です。
kuwamiyaさんは、採集に際して最低限のマナーを守っておられるようですが、地元民から見るとマナーの悪い人ばかり見受けられるので、このブログをたまたま見たときはムっとしてしまいました。
リリースする人が大多数と仰いましたが、実際そんなことはないのです。
あまり採れないオオクワガタであれば一晩やって10匹も20匹も採れませんよね?そのくらいの数を採集している人を地元民は何度も見てきました。持って帰ってどうしようもない、というのはkuwamiyaさんのようなオオクワガタ狙いの方の考えではないでしょうか?持ち帰った人がどのようにしているかわかりませんが、オオクワガタ以外も持ち帰る人がいることは確かです。自分はそういう採集はしてないと言っても、地元民は昆虫採集している人=山を荒らす人という認識でいます。特に年配の方は。
また、釣りの例がでましたが、これは言ってしまえば昆虫だけに限りません。山菜やキノコなども同じです。釣りは例外として漁業券を購入すれば誰でもできますが、山菜は没収の上罰金もとられます。
マナーの悪い人のせいでこういった条例ができるのでしょう。
ゴミを捨てていく人もいますし、道路に向かって投光している人もいます。

また、オオクワガタは新潟県では準絶滅危惧種に指定されています。
http://www.jpnrdb.com/search.php?mode=map&q=07170331976
数がそれほど採れないのであれば十分貴重だと思いますが・・・。

自然環境の保護をしていないからなのか、業者が一斉採集をしたせいなのか分かりませんが、今年はクワガタが少ないように感じます。
突然のコメント失礼しました。色々と勉強になりました。

Re: No title

引き続きコメントありがとうございます。

投稿者の方は地元の方でしたのですね。

毎年、採集にてお世話様&お騒がせいたしております。

オオクワガタが準絶滅危惧種に入っていることは知りませんでした。
少し、勉強してみます。

新潟詣でをし始めて15年以上の月日が経ちました。
最初の頃の打率は3割程度でして、良かった年でも5割程度、そして現在4割程度に落ち着いております。

で、この中でタコ採れを経験したことは、本当に1~2回くらいですね?
それでも3人で8頭とかです。
一人で5~6頭採れたら、超大漁ですね。

>あまり採れないオオクワガタであれば一晩やって10匹も20匹も採れませんよね?そのくらいの数を採集している人を地元民は何度も見てきました。

これって、どうなんでしょうか?

長いこと採集をしていますが、灯火採集の現場に地元の人が来ることって、長いことやっていますが一度もありませんでした。
唯一今年初めて地元の方に注意をされたのが初めてです。
 採集者には声をかけられることはありますが、それも最近では時代を象徴するかのごとく、声掛けすらせずに見て立ち去る人が多くなりましたね?
ですから、声をかけなければ、採った昆虫を見せてもらえなければ、誰がどのくらい採集できたか?の把握はできないですよ。

という事は、投稿者の方も採集者でしょうか?或いは灯火採集の経験がおありですか?

ともあれ、貴重な自然の環境を極力壊さないように、穏やかに灯火採集を行っていきますので、特に魚沼市で灯火採集できるのは今年が最後でしょうから、この後、時期的に1~2回できればと思っていますので、最後の灯火採集を楽しもうと思っています。

以上ですが、真摯なコメントに感謝するとともに、採集者を代弁しましてマナーの徹底には気をつけて行きたいと思っています。




プロフィール

kuwamiya

Author:kuwamiya
2011年よりオオクワ飼育を再開し、今年で4年目になります。
今年は本格的に能勢YGを飼育し始めて2年目のシーズンですので、気合を入れてがっちりと取り組んで行く予定です。
その他には川西、極太系も少々やっております。

まだまだ駆け出しですが、ブリードルームは今までになく最盛況です。
先輩皆様のお力添えを是非お願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ご訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR