スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魚沼市自然環境保全条例・・・続報

魚沼市自然環境保全条例の続報です。

先日魚沼市の例規集に魚沼市自然環境保全条例の全文が掲載されました。

魚沼市自然環境保全条例を施行しました

これによると、第13条第1項10号に

※ 出力30W以上の照明器具を用いて昆虫の灯火採集を行うこと。

この場合は、着手しようとする60日前までにあらかじめ市長の許可を受けなければならない。とされています。

ですが、実質的に個人の趣味による灯火昆虫採集には許可が出ないと思われます?

しかしながら、附則の施行期日を見ますと、公布の日から施行する(平成28年7月1日公布)とありますが、
第13条~第16条、罰則規定の第18条~第21条までの規定は公布日から起算して6ヶ月を経過した日から施行する。
とありますので、実質的な施行は平成29年1月1日からの運用となります。

要は施行猶予期間を今年いっぱい設けている事になりますので、今シーズンにおいては、この条例の影響を受けないで灯火採集ができることになりますね。

という事で、平成28年のシーズンは胸を張って、注意喚起を求めてきたボランティアの人に対して、キッパリと反論できることになりました。

来年以降は確かに大変な事になると思いますが、噂によると、現地で騒いでいるのは約1名だそうで、その人の守備範囲外の地域では、パトロールも出来ないんじゃないか?ということらしいですね。

取り敢えず今シーズンはひと安心しました。


スポンサーサイト

魚沼市自然環境保全条例を制定

7月10日に新潟県魚沼市に灯火採集に出かけましたが、

午後8時過ぎ、灯火を点灯しさてこれからという時に、近所のオヤジさんが現れて、
ここの灯火採集は許可を取ってやっているのか?と言われましたので、いいえ取っていませんよ。
と答えたら、今年の7月1日から「魚沼市自然環境保全条例」というものが制定され、施行されたとのことで、
すぐに片付けてくれと言われました。

で、その日は泣く泣く採集を諦めましたが、調べた結果

魚沼市自然環境保全条例を制定」というタイトルにてニュースが発信されていました。
http://blog.goo.ne.jp/uonumawebnews

これによると「30㍗以上の照明器具等を用いた昆虫の灯火採集なども市長の許可が必要とされるようにしている。」
という事で、許可が必要とあるのですが、現実には許可がでないかも?という見解でした。

魚沼市に問い合わせたところ、現在はまだ、市の例規集には載せてないとことで、間もなくアップされると言っていました。

ただ、ここでいう「自然緑地保全地区、自然景観保全地区、動植物等保全地区」などの指定は今はまだ指定させていなく、

今後、指定される見込みであるとのことで、また、罰則等も「罰則などは条例の周知期間6か月を経た来年1月1日から施行される。」

とのことで、平成29年1月1日以降対象になるということですので、今年はまだ、罰金等は徴収されないですが、
来年度からは、罰金の対象になる模様です。

そう言えば、知らせに来た近所のオヤジが「罰金5万円だよ。」と言っていましたが、今シーズンは怒られながら、
なんとか灯火を張れたとしても、来シーズンからは、後ろめたくこっそり、ひっそりと、誰も怒りに来ないような場所で、
やらなければならないかも???
いずれにしても、やりづらくなりましたね(T▽T)

隣町の福島県只見町にも同じような条例があって、やっぱりダメみたいですね(>_<)

そんなに迷惑や環境問題になるようなことはないと思っていますが、迷惑がかかる人がいるんでしょうね???

という事で、灯火採集のとんだ顛末記になりました。
プロフィール

kuwamiya

Author:kuwamiya
2011年よりオオクワ飼育を再開し、今年で4年目になります。
今年は本格的に能勢YGを飼育し始めて2年目のシーズンですので、気合を入れてがっちりと取り組んで行く予定です。
その他には川西、極太系も少々やっております。

まだまだ駆け出しですが、ブリードルームは今までになく最盛況です。
先輩皆様のお力添えを是非お願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ご訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。